Newton Tech Japan
updated. 2019.5.7

カープとオーディオのブログ

By: Tetsuro Takahashi | May 07, 2019

昨日ドラゴンズに9回2死より松山のヒットで同点においつき, 10回表に5点をいれて勝ちきって 5割復帰。 野村.大瀬良先発の今日と明日で, 3位阪神と入れ替わりまずはAクラス確保を願いたい。


昨日の試合で, 

1. 磯村のホームランがあり, 打撃の実績でも堂林を追い抜いたかもしれない。調べてみると2018年は 磯村 ヒット17本 ホームラン 1本, 堂林ヒット11本 ホームランゼロ。 年俸はいままでの蓄積分堂林の方が若干高いが, このまま一軍登録を続けていくと, 来年は堂林を追い越すかもしれない。

2. 中村恭平, 菊池保がゼロに抑えた。菊池保が入ってきたおかげで, 今村が二軍暮らしで, 昨日のランナーを出しながらも結局ゼロに抑えたので, しばらくはこのままでしょう。中村恭平の2イニングゼロは快投といってもいいような内容でした。


今日の野村が楽しみです。それと田中広輔問題に緒方監督がどういう判断をするのか, みものです。


Category: Uncategorized 

Tags:

By: Tetsuro Takahashi | April 22, 2019

2019年4月22日 月曜日


Yahooショッピングには3月より, ヤマダモールにも今月より出店しました。各々注文が入り, 思ったより出足は好調です。


出足が不調だった阪神は, ジャイアンツに3連敗。


おかげで我がカープは最下位から脱出できました。前回プログに長野選手の輝きが失われたとを書きましたが, 今回の阪神3連敗, 糸井選手の衰えが目立ちました。


いいころでの見逃しの三振, 守備でもボールを追いかける姿がなんとなく下手くそな外野手という感じで, 走塁もボーンヘッドもひとつありましたが,ドンくさい引退間近の選手を見ているようでした。


鳥谷, 糸井, 福留という超ベテラン, 昨年西岡を切ったために3人ですが, 投手と捕手を除くベンチ入り野手枠は13人前後です。 このうちの3人が超ベテランで, しかもみんなを鼓舞する新井タイプでも, いるだけで重しになる黒田タイプでもないので, ベンチ内の雰囲気が想像できます。


連休中の12連戦, 糸井をどう使っていくのか見どころです。

Category: Uncategorized 

Tags:

By: Tetsuro Takahashi | April 19, 2019

2019年4月19日 金曜日

どうも華があった長野から輝きが失せ, チームにとって足を引っ張る, 足手まとい, 精彩がない雰囲気が出てきました。最下位の原因は長野ではないにしろ, この程度の打率, 守備でしたら, 若手でも十分です。 ジャイアンツにいてもゲレーロ, 丸, 陽, 亀井がいるので出場機会は激減していたはずです。


曽根, 高橋大樹, 下水流, 坂倉に出番を与えてもいいような気がします。彼らも旬の時に使ってもらって, 結果を出して数字を残してやっとプロ野球選手です。

しばらくは緒方監督の長野の処遇に注目しましょう。



Category: Uncategorized 

Tags:

By: Tetsuro Takahashi | February 09, 2019


2019年2月9日 土曜日


1960年代の終わりころ山水電気のアンプが黒を基調としたフロントパネルで当時のオーディオの常識を変えて, ヒットしました。

補聴器(正確に言うと医療機器の認定は受けていないので, この名称は使えませんが, 一般に通用しているのでここでは補聴器と言います)は ”目立たない” というのいが第一義にあるようで, 肌色/ベージュが圧倒的に多い製品業界です。
むしろ目立とうとするような, 最近取り扱いを始めた, “黒”の補聴器, 当時の山水のアンプを思い出し, デザイン的には気に入っています。



Category: Uncategorized 

Tags:

By: Tetsuro Takahashi | January 21, 2019


2019年1月21日 月曜日

マイケルチャンも錦織の成長を喜んだに違いない。 打っても打っても返ってくる27歳, スペイン人, 最高は10位までいった選手に2セット先取されての逆転勝ちで最後は10ポイントタイブレークも常に先行されながら勝ち切ったのは感動的でした。


1989年のフレンチオープンで16歳で優勝してからちょうど30年です。 試合直後泣いていたのは, いろいろな思いもあったのだと思います。


錦織が勝ちきれるようになったのは, こういう試合で勝負強さをみせる大坂なおみの存在があるのかもしれません。


サッカーもサウジアラビアに攻めまくられながらも勝ち切って, 今週は滑り出しは上々です。



世界9位の錦織圭(29=日清食品)が驚異の逆転勝ちだ。同23位のパブロ・カレノブスタ(スペイン)に、2セットダウンから6-7、4-6、7-6、6-4、7-6のフルセットとなり最終セットのタイブレークを10-8で制し、3年ぶり4度目のベスト8に進出した。試合時間が5時間を超える死闘だった。 この勝利で、28日発表の最新世界ランキングで7位以上が確定した。


Category: Uncategorized 

Tags:

next>>