Newton Tech Japan
updated. 2019.5.7

カープとオーディオのブログ

By: Tetsuro Takahashi | March 29, 2017

昨日 ミラサポ より専門家派遣をしていただき, ホームページ, Facebook, Twitterを用いた集客力アップ(ここでは IT関連の専門家派遣)を実行したことを書きましたが, この手続きについて少し説明します。

平成29年度はまだ受付が始まっていないようですが, 手続きとしては多分同じだと思います。


1. まず下記のサイトで ミラサポ 専門家派遣の概要をつかんでください。支援事例集というのもありますので参考になると思います。

https://www.mirasapo.jp/specialist/index.html


2. 次に ミラサポ会員登録, 企業情報(企業ID)登録 が必要です。 企業情報は創業したてで法人登記, 開業届を出していなくても大丈夫です。(開業届はどこかのタイミングで地元の税務署に提出しください) ただ, マーケットに対して働きかけてサービス, 物品を販売する, 顧客を獲得するプラットフォーム(例えばホームページ, 販売サイト等)の実態は必要だと思います。 通訳案内士で自立しようとする方であれば, 最低限自分のホームページを持ち, サービス(料金含む)内容が公開れたものをまず作ってから手続きに入った方がいいと思います。ホームページは何度も追加変更のあるものですから, 完成度は徐々に上げていくという心構えでまず第一歩を作ることが大切だと思います。余談ですが, ドメイン名も後で作ることとし, Google アカウントさえ持っていれば出来る下記のテンプレートもおすすめです。

https://sites.google.com/site/sitetemplateinfo/home


3. この後私はどうしたらいいのかわからなくて, お問い合わせ先という電話番号に問い合わせました。この事業そのものは パソナ が請け負っており, 電話は "パソナです"  と言ってとってくれました。その次のステップは "地域プラットフォーム"へ派遣申請をするということでした。私の場合は地元の商工会議所でした。電話でここまで誘導してくれました。地域プラットフォームの検索サイトです。

https://www.mirasapo.jp/regionplatform/about.html

下記のようなフォームの画面で探すことになります。

まず今すぐ検索 をクリックしてください。

そして下記から検索です。 ここで検索してもその後どうしていいかわからないとおもいますので(私がそうでした) このあたりで, ミラサポ の "専門家派遣事業に係るお問い合わせ先" に一度電話をして 相談されることをお勧めいたします。

4. 私の場合 その後地元の商工会議所に電話をし, 担当の方に ミラサポの 専門家派遣を受けたい旨話をして, 申請書の記入提出になります。ここから後はメールと電話で大丈夫です。専門家はミラサポの地域プラットフォームが選定し, 派遣申請者はできない仕組みですが,事情話せば申請者の希望を聞いてくれると思います。 私の場合は以前参加したセミナーの講師で 私の課題について理解している, 保有資格, 経歴が私の問題解決に適切である等のことを話し, 中津山氏を希望する旨伝えました。おそらく, 不正受給防止制度だと思います。

5. 当日は"専門家"に地域プラットフォームの担当の方が同行されました。私の場合は自宅が仕事場でしたから, 自宅で 3時間 支援を受けました。

6. "支援"を受けて

ホームページ, Facebook, Twitter 等は多くの便利な機能をもっていて十分使いこなせていない人がほととんどではないでしょうか?  またどこかでつまずくと先へ進めないのが IT の世界で問題解決に多くの時間をかけ, 時間をかけても解決しないという経験を持っている人がほとんどではないでしょうか? 自分の知らなかった機能や間違った思い込み等もあると思いますので, 一度この制度を利用さてみることをお勧めします。

中津山氏はご自分でも Facebook, ホームページ, ブログ, Twitterをご利用されており, その体験よりの説明は分かりやすく, 有意義でした。

Comments:

中津山 恒

Posted on : March 30, 2017

高橋様<br />
お役に立てて何よりです。<br />
また、貴重な情報をブログにまとめていただき、どうもありがとうございました。<br />
今後とも、よろしくお願いいたします。


Post a Comment