Newton Tech Japan updated. 2017.6.22

アメリカに自作オーディオマニアの組織があります。ネルソンパス氏も協力して年一回カリフォルニアで展示会も催しています。

そこで MOSFETを用いたA級パワーアンプキットを販売しています。価格的にも手を出しやすく, 初心者にも作りやすい, また自作アンプではあまり気を使っていないのですが, これはイタリア製ケースでデザイン的にも美しいアンプキットです。設計はネルソンパス氏の監修で, 氏のFirst Wattという高価なアンプをシンプルにしたもので,音質は定評があります。

A級駆動で,電源はACアダプターを用いているため出力は5W+5Wですが, 自宅のリビングルームで楽しむには十分な出力です。

フロントパネルは10mm厚のアルミ削り出しで, 電源スイッチ, パワーインジケーターのみです。

MOSFET A級アンプキット 完成系

フロントパネルは10mm厚のアルミ削り出しで電源スイッチとパワーインジケータのみ, 背面パネルは入力用RCAピンコネクター, スピーカ端子, ACアダプターよりの電源端子のみのシンプルな構造です。

入力はスマートフォーンのヘッドフォン端子よりの有線接続, もしくはBluetooth受信機をもちいての無線接続が便利です。 CDプレーヤを直接接続するのでしたら, 音量調整が可能なことを確認してください。

発注方法は DiyAudio storeというのがあり, そこでクレジットカードでの支払いです。日本の住所でもOKです。ケースを含まず基板キットのみというのもありますが, 放熱器(ケースと一体となっている)への取り付けと基板の寸法と位置関係等厄介な問題もありますので, ケース付きキットがおすすめです。ケースも 10mmのアルミパネルでしっかりした高級感のあるデザインです。

下記が販売のサイトです。

http://diyaudiostore.com/collections/frontpage


価格は 269ドルで, シャーシー(ケース), ヒートシンカー, パワースイッチ, スピーカ端子,DC電源(ACアダプター)もちろんステレオですから2セット分が含まれています。これとは別に送料として97ドルかかりりました。私の場合はDiyAudioより直送してもらいましたが, もっと安価な方法があるかもしれません。日本に到着した時, 1,500円の税金が徴収されました。1ドル=115円で計算すると合計で, 43,590円です。


こういう梱包で届きました。