Newton Tech Japan
updated. 2019.5.7

補聴器.集音器 » ハウリングについて

補聴器のハウリングについて。 これは対策可能です。

カラオケで "ピー" という音を経験された方は多いと思います。 またライブ会場のマイクのセッティングをしているとき,  "ピー"  という音を聞かれた方も多いと思います。

補聴器.集音器のハウリングもこれと同じ原理で発生します。 つまり, マイクで集めた音がスピーカーから出て, それがまたマイクにはいり音がだんだん大きくなる現象です。

補聴器集音器でも全く同じ原理でこの現象がおきます。

対策は耳にきちっと補聴器のイヤーピースの部分をいれて, 音漏れが無いようにしてください。これで完全に止まります。

それではどうしてこの現象がでるのか原理を見てみましょう。


補聴器.集音器は高価なものもお手頃のものも, 原理は同じで, 周りの音をマイクでひろい, 電気信号に変換してそれを大きくして, スピーカーから音を出すものです。

補聴器からの音は耳穴をとおり鼓膜に到達します。しかし, 補聴器の先端の音がでてくるイヤーピースかきちんと耳穴に入っていないと隙間ができて, 鼓膜から跳ね返った音, イヤーピースからの音がもれてまたマイク部に入ってきます。

これがハウリングのおきる原理です。

このため, イヤーピースから出た音が再びマイク部に入らないようにする, すなわち, 耳穴の隙間の無いように装着するとこの問題は解決します。


耳掛け式のほうが耳穴式よりマイクとイヤホンの部分の距離があるため, ハウリングに対しは有効ですが, それでも発生します。


ご自分の耳穴似合ったサイズのイヤーピースをお使いになり, 耳穴に密着させて装着すれば,イヤホンよりの音がマイクに回ってくることはありませんので, ハウリングのない快適なご使用が出来ます。


Let's make hearings better